​>

石川屋について

ごあいさつ

042-2.jpg
IMG_3907.jpg

ウエディング石川を愛してくださる全てのお客様へ。

ウエディング石川は、創業明治20年、

長崎県旅館登録第1号”石川屋旅館”として誕生しました。

 

4代目の父の代に専門式場として変化し、

2002年、”全国に通用するウエディングを目指したい”

という思いから、アイデアやデザインを求めてニューヨークへ。

そしてニューヨークという地で、私たちは多くの刺激を受け

たくさんの感動と出会いがありました。

その後こうした経験をベースに、ダイナミックな中にもモダンで安らぎのある

バンケットホール「ザ・ブライアント」を建設いたしました。

”本当にこのスタイルでいいものなのか?”

”新しいホールが今までと同じように皆様に受け入れられるものだろうか?”

葛藤や不安の中で、感覚だけを信じて歩んでまいりましたが

この『ザ・ブライアント』があったからこそ

現在のウェディング石川があると言っても過言ではありません。

スタッフと共にNY研修を重ねた日々は、今でも私の脳裏から離れません。

また、料理は島原半島出身の『中村孝明氏』の師事を仰ぎ、

和の技術を唯一無二の創作料理を作り上げました。

 

サービスは首都圏を中心に有名飲食店で研修を重ね、

「想像を超える」ウェディングを目指して感謝の心で、日々、邁進してまいりました。

島原半島は雄大な自然と贅沢な食に満ちた奇跡の地であり、

県外の皆様方にも胸を張って誇れる場所です。

その中で行われる結婚式を、さらにお洒落で感動的なスタイルに創りあげる。

それが私たちのやりがいです。

今後も私たち『ザ・マーキーズ』は、結婚式という人生最高のセレモニーを通して、一組でも多くの皆様方へ感動を提供させていただくことをお約束いたします。

株式会社ウェディング石川

5代目 代表取締役社長

石川景士